住民・宗教
facebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagramfoursquarefacebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagramfoursquare

セルビアの民族構成は多様性に富んでいます。多数派のセルビア人に交じり40もの民族が隣人として暮らしています。セルビアに暮らす人々は民族にかかわりなく、同等の権利と義務を有しています。

2002年に実施された国勢調査によると、セルビアには7,498,001人が暮らしています(コソボ・メトヒアを除く)。

民族構成は以下の通りです。

セルビア人82.86%、ハンガリー人3.91%、ボシュニャク人1.81%、ロマ人1.44%、ユーゴスラビア人1.08%、クロアチア人0.94%、モンテネグロ人0.92%、アルバニア人0.82%、スロバキア人0.79%、ブラフ人0.53%、ルーマニア人0.46%、マケドニア人0.34%、ブニェバッツ人0.27%、ムスリム人0.26%、ルシン人0.21%、スロベニア人0.07%、ウクライナ人0.07%、ゴーラ人0.06%、ドイツ人0.05%、ロシア人0.03%、チェコ人0.03%

宗教

セルビア人の大多数は正教の信徒です。1219年にギリシア正教会から独立したセルビア正教会が、セルビア人の民族意識(national identity)を守り高めることに大きな役割を果たしました。信者の割合はセルビア正教84.9%、ローマ・カトリック教5.48%、イスラム教3.2%、プロテスタント1.08%です。

少数民族

セルビア共和国憲法は国際基準に基づいて少数民族の権利を保証しています。国は少数民族に集団的権利を与え、ブニェバッツ人、ブルガリア人、ボシュニャク人、ハンガリー人、ロマ人、ルーマニア人、ルシン人、スロバキア人、ウクライナ人、クロアチア人など10の少数民族がそれぞれの民族評議会を選び、独自の文化(言語や文字)や教育、情報伝達に関する問題について決定することができる仕組みになっています。

少数民族のアルバニア人が大多数を占めるコソボ・メトヒア自治州の最新の国勢調査は1981年で、それ以降の人口統計は不明です。

 

facebooktwittergoogle_pluspinterestmailfacebooktwittergoogle_pluspinterestmail