ディアナ

ローマ帝国のカストルム(軍事防衛拠点)だったディアナは、クラドボの近くのシパ村にあるドナウ河畔の崖の上に建設されました。ここに1世紀の初めに土と木で砦が築かれ、ローマの軍隊が初めてドナウ河に展開したことを示しています。巨大な石造りの砦(140x136m)はトラヤヌス帝が建設したものと考えられています。帝は101年にシパ運河を建設し、これによりドナウ河の航行が容易になりました。

5世紀の中頃、砦はフン族によって破壊され、530年頃にユスティニアヌス帝により再建されましたが、6世紀の終わり頃から7世紀初めにかけて侵入してきたアバール族とスラブ族によってまた破壊されてしまいました。