メディアーナ

ニシュの近くに古代の都市ナイススの郊外として、有名なメディアーナがあります。メディアーナは川沿いの温泉に40ヘクタール以上の広さで、紀元4世紀初め、ローマ皇帝コンスタンティヌスの時代に皇帝の住居として建設されました。

発掘調査の結果、この住居の規模の大きさと豪華絢爛さが明らかになりました。敷地の中央には、6,000㎡もの広さのモザイクやフレスコ画で装飾された列柱の立ち並ぶ大邸宅が建っていました。これまで当時のメディアーナに建っていた80ヵ所の建築物が調査されましたが、その大部分に豪華なモザイクが残されており、ナイススの市民の豊かさが明らかになりました。

4世紀の終わり頃、メディアーナは大火により大損害をこうむり、その後441年のフン族の侵入により完全に破壊されました。町は間もなく復興しましたが、二度と過去の栄光に戻ることはありませんでした。5、6世紀の後半に多くの建築物が建てられましたが、これらの多くはそれほど大きくなく、建築材料も質素なものでした。8世紀の初めにアバール族とスラブ族が侵入して、メディアーナは放棄されました。

現在メディアーナでは建物の基礎部分、モザイク、大理石の彫像を見ることができます。また、考古学的な発掘物はニシュ国立博物館と6km南東にあるブルジ・ブロッド村の国立博物館に保管されています。

遺跡の公開時間は4月から11月までで、火曜日、金曜日、日曜日は午前10時から午後2時まで。その他の曜日は午前9時から午後4時まで。月曜日は休館日です。

ご案内

ニシュ国立博物館

メディアーナ遺跡

Bulevar sv. Cara Konstantina bb, 18000 Niš

tel: +381 (0)18 550-433

facebooktwittergoogle_pluspinterestmail
facebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagramfoursquare