ビミナツィウム
facebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagramfoursquarefacebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagramfoursquare

ビミナツィウムは紀元1~6世紀に建設された重要なローマの都市と軍隊の駐屯地です。現在の位置はポジャレバッツ近郊のコストラッツに当たります。駐屯地に接した住民の居住地区は、ハドリアヌス帝の時代(117-138)に広範囲の自治権をもつムニツィピウムの地位を与えられていました。ゴルディアヌス3世の時代(239)には、帝国で最高の地位であるローマ市民権を持つ植民都市の地位と、現地貨幣を鋳造する権利が与えられました。ビミナツィウムは軍事行動の際の集結地点ともなりました。

都市の経済はドナウ河の要衝にあったことから、急速に発達しました。都市遺跡の近くで発見された14,000以上の墓の様子から、住民は非常に裕福であったとみられます。墓地の地下聖堂で発見されたフレスコ画は、古代美術後期の絶頂期の作品です。都市はゴート族、フン族、そして最後にはアバール族によって破壊されました。周辺からは円形劇場、記念建造物、浴場、上下水道施設などが発掘されています。

遺跡は2月初めから11月末まで見学可能で、夏季は午前9時から午後7時まで、春、秋季は午前10時から午後5時まで公開されています。

ご案内(セルビア語・英語)

ビミナツィウム遺跡公園(Viminacium Archaeological Park)

12208 Stari Kostolac

tel: +381 (0)62 669-013

www.viminacium.org.rs

facebooktwittergoogle_pluspinterestmailfacebooktwittergoogle_pluspinterestmail