ロマネスクの道

ロマネスク美術はイタリアからアドリア海沿岸地方を経由してセルビアに伝播しました。ロマネスクとビザンチンが融合して生まれたセルビアの中世美術は中央部と南部の山間に点在する魅惑的な修道院で鑑賞することができます。これらの修道院はロマネスク建築の影響を受けたラシュカ派と呼ばれる建築様式の典型で、東と西の共通の文化と歴史が見えない糸で結ばれていることを示しています。

この旅でぜひ、中世ロマネスク時代のセルビアに花咲いた珠玉の芸術をお楽しみください。このロマネスクの旅は欧州評議会が選定した文化ルートの1つでドイツ、オーストリア、イタリア、フランス、スペイン、スロベニアに残されたロマネスクの遺跡を訪ねる旅のルートの一部を構成します。

ご案内(セルビア語・英語)

ロマネスクの道協会ホームページ

www.transromanica.com