スメデレボ要塞
facebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagramfoursquarefacebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagramfoursquare

スメデレボ要塞はイェザバ川とドナウ河の合流地点にあります。この要塞は1427年にステファン専王の死後、ベオグラードがハンガリーの手に渡ったため、新たな首都とジュラジ・ブランコビッチ専王の王宮にするために建設されました。

1439年にトルコが町を占領し、1444年に結ばれたセゲド平和協定によりいったんはセルビアに返されましたが、1459年に再びトルコの手に落ちることとなりました。これは中世セルビア国家の終焉を象徴する出来事でした。その後トルコは要塞の3か所に八角形の砲台を設置して防御を堅固にしました。小さな町とその周辺部を城壁で囲み、その周囲に水濠を廻らしました。

1867年にトルコ軍は、他の6ヵ所のセルビアの町とともに町をミハイロ公に引き渡し、この地を去りました。

現在では、スメデレボ要塞は重要文化財であるとともに人気の観光地で、ミュージカル、演劇、文化イベントの会場としても使用されています。

ご案内(セルビア語・英語)

スメデレボ要塞

http://www.tvrdjavasmederevo.com/index_en.php

facebooktwittergoogle_pluspinterestmailfacebooktwittergoogle_pluspinterestmail