スタリ・ラス(古いラス)

中世の都市ラスは南セルビアのノビ・パザールから西に11kmのグラディナの丘にあります。この町はビザンチン皇帝ヨハネス2世コムネノス(1118-1143)の治世に建設されたと考えられています。ラスの旧市街地にはグラディナ要塞、大天使ミカエル教会、パザリシュテ居住地の3か所の遺跡があります。

ラス要塞は、中世ラシュカ(中世のセルビアに存在した国)の軍事建築の最古の例として、破壊された状態で保存されています。この要塞はセルビア初期の支配者の居城であり、セルビア国家の歴史を研究するうえで計り知れない価値があります。

ラスの周辺には、1979年に「スタリ・ラスとソポチャニ」という共通の名前でユネスコの世界遺産に登録された一群の中世の修道院と教会があります。

ご案内

ラス博物館(セルビア語と英語)

http://www.muzejras.org/home_e.html