貴族の館

ボイボディナの貴族の館は18世紀、19世紀、20世紀の初めに建てられ、建築様式はバロックから古典主義への移行期のスタイルです。郊外や町の中心部の広大な敷地に建てられており、その佇まいは所有者や住人の高貴な身分、富、重要性を反映しています。

多くの館は堂々たる居住用の建物で、通常はよく手入れの行き届いた広大な公園に囲まれています。

オーストリア・ハンガリー帝国時代の軍隊の高官、富裕な商人や職人が館を所有していました。たいていの館には、そこに住んだ高貴な家族の神秘に満ちた人生に関する伝説が伝えられています。

ボイボディナには70数か所の貴族の館があり、そのいくつかは文化遺産として保護されており、いくつかはホテルとして活用されています。

ご案内(セルビア語・英語)

Manor-houses and summer residences of Vojvodina
www.dvorci.info
facebooktwittergoogle_pluspinterestmail
facebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagramfoursquare