ベリマルコビッチ館・ブルニャチカ・バーニャ

ベリマルコビッチ館は、1882年から1887年の間に、ウィーンの建築家フランツ・ウィンターの設計により、ミラン・オブレノビッチ王に仕えた大臣であり、アレクサンダル・オブレノビッチ王の摂政だったヨバン・ベリマルコビッチの別荘として、南部のブルニャチカ・バーニャに建築されました。

この夏の館は温泉の湧く土地に続くなだらかな丘にあります。大理石がふんだんに使われたベリマルコビッチの豪奢な別荘は、北イタリアの田園のルネッサンス様式のビラを模範にロマンチック歴史主義様式で建てられました。

別荘は重要文化財に指定され、現在は「文化の城」と呼ばれてブルニャチカ・バーニャ博物館として運営され、さまざまな文化イベントに利用されています。