ファンタスト館
facebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagramfoursquarefacebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagramfoursquare

「ファンタスト」の名で知られている貴族の館はノビ・サドの北60km、ベオグラードから北に135kmにあります。全体の面積は65ヘクタールで、敷地内に邸、時計台、聖ジョルジュ礼拝堂、種馬飼育場があります。

この館はボイボディナの有名な地主ボグダン・ドゥンジェルスキーにより建てられました。彼は破産してないことを証明するためだけにこの壮麗な館を建てたと伝えられています。館は、生涯独身を通し、女性と馬とワインに情熱を注いだドゥンジェルスキーの富と力の象徴です。

1920年に建てられたネオビザンチン様式の聖ジョルジュ礼拝堂内には、ドゥンジェルスキーの友人である著名な画家ウロシュ・プレデイッチにより描かれたイコノスタス(聖障)が安置されています。

牧場はヨーロッパのこの地域で最もよく知られており、種馬飼育場はかつて敷地全体の半分以上を占め、1,400頭ものサラブレッドが飼育されていました。現在は6ヵ所の厩舎に80頭の馬が飼育されており、競走用のレーストラックもあります。牧場には乗馬学校があり、馬をレンタルすることもできます。

現在、邸はホテルに改装されており、テニスコートの設備もあります。

facebooktwittergoogle_pluspinterestmailfacebooktwittergoogle_pluspinterestmail