スタリ・ラスとソポチャニ修道院

12世紀に、セルビア南部のノビ・パザールの近くに、ネマニッチ朝によるセルビア最初の首都スタリ・ラスが建設されました。付近には要塞、修道院、教会があり、1979年に世界遺産リストに登録されました。

一群の建物の中で最も重要なのはソポチャニ修道院、ジュルジェビ・ストゥポビ修道院、聖ぺタル教会とラス、グラディナ要塞跡です。

この地域に保存されている遺跡は古代の本来のセルビア芸術と、10世紀から14世紀にかけてのその創造性の頂点をよく表しています。