パリッチ・ワインルート
facebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagramfoursquarefacebooktwittergoogle_plusyoutubeinstagramfoursquare

パリッチ地方は先史時代のパンノニア海の砂地に位置しているところから、この地域のワインはしばしば「砂ワイン」といわれます。砂地の土壌、温暖な大陸性気候、ブドウの種類の豊富さ、こうした条件が相まって、この地方に極上のワインが生まれるのです。スボティツァ・ホルゴシュ地方のワインづくりの伝統は、2000年以上の歴史があります。

1903年に設立されたチョカ・セラーは、長いワイン醸造の伝統を誇る醸造所です。ワイン貯蔵室には11,000リットルのワインが貯蔵できる130個のオーク樽と、17個のコンクリート槽があります。地元の人によるとその昔、一番大きなコンクリート槽の中でダンスパーティが開かれたこともあるそうです。

パリッチ・セラーはかつて農業学校があった場所に1896年に創業され、砂地の土壌で栽培されたブドウからつくるワイン醸造技術を守ってきました。現在この伝統はWOWワイナリーに受け継がれています。

 

facebooktwittergoogle_pluspinterestmailfacebooktwittergoogle_pluspinterestmail