民俗村

都会に住む現代の旅行者にとって、セルビアの田舎は牧歌的でストレスのない滞在ができる、エコロジーの天国です。自然豊かな、公害とは無縁の森や牧場の緑に包まれ、気候は穏やか、空気は新鮮で清浄、食べ物はヘルシー、こうした環境の中で暮らしていると、気持ちも身体もリフレッシュします。

セルビアの田舎の家庭は、常に自然のリズムと調和を保ちながら生活しています。野菜、果物、肉などの食材はたいてい自家製のものを使用しています。

オーガニックフード(有機食材)は化学肥料や農薬や遺伝子組み換え種子が使われてない食料で、世界中の台所で人気がありますが、セルビアの田舎では簡単に、しかもとても安価に入手できます。宿泊客は、木になっている自然そのままのリンゴや野生のイチゴやキノコを自らの手で採ることができます。搾りたての牛乳を飲み、放し飼いのニワトリの産んだ卵やその肉を調理したスープを味わうことができます。現代社会では、こうした自然食品はとても貴重なものです。

セルビアの田舎は最も信頼のおける伝統の保護者でもあります。伝統工芸品を作る技術は、手工芸品や民芸刺しゅう、手織りの布、木彫品などに伝えられてきました。古くからの伝統習慣だけでなく、本物の民俗音楽や多声歌唱法も田舎の家々によって護られ伝えられてきました。