ジェルダップ国立公園

セルビアの東部、ルーマニアと国境を接する地域にあり、ドナウ川に沿って64,000ヘクタール(東京ドーム約46個分)の面積を有し、息を飲むような景観と考古学的に重要な遺跡があります。

この公園の目玉は「鉄門峡」として知られるジェルダップ峡谷です。ドナウ川がカルパチア山脈の斜面をえぐるように流れる全長100kmにおよぶ峡谷で、水深80mを超える場所もあります。峡谷はカザン付近で一番狭くなり、川幅は150m、両岸は高さ300mもの断崖絶壁になっており、まさに圧巻の景色です。

公園内には多様な植物と動物が生息し、8000年前の新石器時代の美術品や住居跡が発見されたレペンスキ・ビール遺跡があります。ゴルバッツとクラドボには城砦もあります。